スポンサーサイト

  • 2017.03.30 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


失敗について 3

 スポーツでの勝敗の場合はふつう失敗とは言わない。勝ったか負けたかである。負ける確率がどんなに低くても、たとえば大学の野球チームが中学の野球チームに負けたとしても大学のチーム側は「今日のゲームに失敗した」とは言わない。
では努力をして実らなかった場合に「失敗」と言われるのかというと、スポーツに関してはそうではない。お互い結構努力をしているわけで、甲子園の高校野球など努力のかたまりが戦っているようなものである。
ではスポーツに失敗はないのだろうか。勝敗に関しては無いようだが一つ一つのプレーにはあるようだ。野球の守備での失策(エラー)。 棒高跳びのひとつのプレー。 体操競技では「着地に失敗」などと言われる。陸上のリレー競技のバトンタッチなども。

失敗は一つ一つのプレーにはあって最終的な結果にはない。
これはどういうことだろうか。

失敗について 2

 「受験に失敗した」とはよく言われるが「宝くじに失敗した」とはまず言われない。どうしてだろうか。
目的が達成されなかったのは同じなのだが、受験では「失敗」と言われ、宝くじではふつう「外れた」とか「当たらなかった」とか言われる。
確率の違いだろうか。受験の場合合格するかしないか、まあ大雑把に言って五分五分であろう。宝くじの場合は何万分の一かそれ以上の確率の低さ。まあ当たらなくて当然でもあろう。つまりある程度成功を期待できるケースでその成功に手が届かなかった時に「失敗」といわれるのであろうか。
あるいは努力をしてそれが実らなかった場合に「失敗」と言われるのかもしれない。宝くじは買って当選を待つだけである。なにかしら計画 立案 目標に向けての努力 などが系統的に行われて結果が出せなかった場合に「失敗」と言われるのかもしれない。
もう少し他の事例でも考えていく。

失敗について 1

 「失敗」について考えてみたい。
ふつう「失敗」は、人生においては後退であり、できればしないほうがいいものと思われている一方で、失敗こそは人生において将来の大きな実りへむけての礎となる貴重な経験と人は言う。いわゆる失敗をした人に向けて、はげましをこめてしばしばそのように言われる。
どちらが本当なんだろうか。
まず人はどのような事柄に対して「失敗」という言葉を使っているのか。結構多様な事柄に対して同じ「失敗」という言葉を使うために「失敗」に対する見解が異なってしまっているのではないだろうか。「受験に失敗を重ねる」のと、「ロケットエンジンの開発に失敗を重ねる」のとはかなり異なった事態ではないだろうか。

般若心経 9

 かぎ括弧は32段で終わる。そして般若心経7で述べた

33 故知

につながっていくのだ。
1段から4段が般若心経の作者が話しているように、33段以降も般若心経の作者が話しているのだ。
そして1段から4段は観自在菩薩が話す5段から32段までの要約となっている。

3 照見五蘊皆空
は5段から24段までの要約

4 度一切苦厄
は25段から32段までの要約である

4字等式 16

 では700台に入ります。

070A 071A は法則1で成立
073A は 0=log(7-3!)×A で成立
076A 077A 078A は法則2,3で成立

残りは 072A  074A 075A  079A

まず
0720 0721 は法則1で成立
0722 0723 は法則2,3で成立
0724 は法則4で成立
0725 は 0+7=2+5 で成立
0726 は cos0=-7+2+6 で成立
0727 は COS0=7-(√(2+7)))! で成立
0728 は0=7×log(log(2+8)) で成立
0729 は法則4で成立

これで072Aはクリアー

0750 0751 は法則1で成立
0752 は 0+7=5+2 で成立
0753 は cos0=-7+5+3 で成立
0754 0755 0756 は法則2,3で成立
0757 は うーんむつかしいが
    0=sin(7!×5!÷7)  で成立
0758 は cos0=log(7-5+8) で成立
0759 は法則4で成立

これで075Aはクリアー

074A と 079A は法則4で成立

これで 700台まで成立

七夕について

 七夕を祝う日について考えてみたい。普通学校では7月7日、各地方の行事でも7月7日か8月7日前後で祝われているがいずれも太陽暦であって、七夕がもっている自然との関係をおろそかにしているのではないだろうか。
昔の七夕をシュミレートしてみよう。

夕方、立秋も過ぎてすがすがしさも感じられる夕暮れ。
空は晴れ渡って西の空には上弦の月(七日の月)が輝いている。
明るい星がぽつぽつと見え始めるが月明かりのため天の川はみえない。
やがて夜も10時ごろとなり上弦の月が西の山陰に沈むと
空は急に暗くなると同時に天の川が真上ににに大きなアーチとなって姿を現す。
天頂には織姫星と彦星が天の川をはさんで美しく輝いている。

とまあ こういう具合で
太陰暦の7月7日にはこういう演出が考えられていると思う。

ちなみに今年の太陰暦での七夕は8月16日
ひそかに七夕を楽しみたいと思う。

4字等式 15

 TOMIDAさんからの投稿です。   解けなかった分

0686 は 0=sin(6!÷(8-6))   

す すばらしい。 鬼に金棒 屋根屋のふんどしです。

4字等式 14

 では600台に入ります。

060A 061A は法則1で成立
063A は  0=(log(6÷3!))×A で成立
065A 066A 067A は法則2・3で成立
069A は 0=(log(6÷√9!))×A で成立

のこりは 062A と 064A と 068A ですが

0620 0621 0622 0623 は法則1〜3で成立
0624 は 0+6=2+4 で成立
0625 は cos(0×6)=log(2×5) で成立
0626 は cos0=(6÷2)!÷6 で成立
0627 は cos0=6÷(√(2+7)!) で成立
0628 は 0+6=-2+8 で成立
0629 は cos0=6÷2÷√9 で成立

064Aは 06√4A とすれば062Aと同等となるので成立

068A は

0680 0681 は法則1で成立
0682 は 0+6=8-2 で成立
0683 は cos0=6-8+3 で成立

ところで法則

法則4: 4桁の数 ABCD に2か3が含まれていて等式が成立すれば その2を4に置き換えた4桁の数 その3を9に置き換えた4桁の数 も等式が成立する。

ルートを使うということです。
そこで
0684  0689 は法則4で成立
0685 は cos0=6÷(8-5)! で成立
0686 うーん手ごわい これはおいといて
0687 0688 0689 は法則2・3で成立

というわけで600台は 0686 が解けない。

4字等式 13

 TOMIDAさんからの投稿です。   解けなかった分

0575  0=log(log((5-7)×5))
0585  0=log(-5+(8-5)!)
0586  0=log(log(5×(8-6)))
0595  0=log(log(5×(−√9+5)))
0596  0=log(log(√(|5-9|)+6))

いや すばらしい。 感動です。 なによりこんなどうでもいいことに乗ってきてくれたのが感動です。


4字等式 12

0580 0581 は法則1で[成立
0582 は cos0=-5+8-2 で成立
0583 は 0+5=8-3 で成立
0584 は cos0=log(5×8÷4) で成立
0585 も でごわいなあ これはおいておくとして
0586 も むつかしい。
0587 0588 0589 は法則2,3で成立

0590 0591 は法則1で成立
0592 は 0+5=√9 +2 で成立
0593 は cos0=-5+9-3 で成立
0594 は 0+5=9-4 で成立
0595 もてごわい  うーん
0596 も むつかしい
0597 は cos0=5-√(9+7) で成立
0598 0599  は法則2,3で成立

結局500台ではじめて5箇所 解けない数が出てきた。